里山でオオルリやイカルなど

今シーズンは里山でオオルリ(Blue-and-White Flycatcher)が囀るシーンに良く出会う。
DSC_5879.jpg

ヒノキ林の近くで、背景を変えながら撮影。
DSC_5898.jpg

逆光気味なので綺麗な青色は出ないが、カメラマンを全く気にしない。
DSC_5949.jpg

DSC_5955.jpg

嫁さん探しに夢中のよう。
DSC_5960.jpg


新緑の低木にイカル(Japanese Grosbeak)も下りてくる。
DSC_5982.jpg

葉っぱを啄んで、
DSC_5996.jpg


キビタキ(Narcissus Flycatcher)♀もちらり。前回巣材を口一杯に咥えていた子かな。
DSC_6012.jpg


里山は相変わらず静かで、この週末もキビタキの幼鳥がまったりと寛ぐシーンが見られた。サンコウチョウの声がたまに聞こえ、営巣中なのかと。サンショウクイは親子なのか4~5羽の群を見かけるようになった。ホトトギスは鳴きながら飛んでいたりするが撮影できませんね~。

以上、写真は5月初旬のものです。

"里山でオオルリやイカルなど"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: