タカブシギ、イソヒヨドリとキビタキ

5月、シギチの渡りも終盤の頃、農耕地でようやくタカブシギ(Wood Sandpiper)に出会えた。 広い田んぼのはるか遠くでは見かけていたが、近い位置では今季初。 最初、というか家に帰って画像を確認するまでクサシギだと思い込んで、 我ながら情けない。 でもまあ、今季不調のシギチなので、出会えたのはラッキー。 同じ頃、里山に向かう道の途中でいつも現れるイソヒヨド…

続きを読む

里山でオオルリやイカルなど

今シーズンは里山でオオルリ(Blue-and-White Flycatcher)が囀るシーンに良く出会う。 ヒノキ林の近くで、背景を変えながら撮影。 逆光気味なので綺麗な青色は出ないが、カメラマンを全く気にしない。 嫁さん探しに夢中のよう。 新緑の低木にイカル(Japanese Grosbeak)も下りてくる。 葉っぱを啄んで、 キビタキ(Narc…

続きを読む

キビタキ、ウグイス、イカルなど

新緑の頃、里山で連日のキビタキ(Narcissus Flycatcher)♂。 背景に太い横枝を入れ、逆光を避けてみた。 横を向いたところも。 溜池にはマガモ(Mallard)やカイツブリ(Little grebe)。ちなみに、カイツブリは先週末には3羽程雛を連れていた。 藤の花に絡んだイカル(Japanese Grosbeak)。 そして里山で定番のウグイス(…

続きを読む

キジの母衣打ち、ムナグロなど

5月の農耕地でキジ(Japanese Pheasant)と出会う。水の入っていない田んぼを横切って、 畦に乗って~、 こっち見! ケン、ケンと母衣打ちをご披露。 その後、畦の向こうに下りたかと思えば、再び現れて、 再度の母衣打ち~! 近くには、いつも見かけるイソヒヨドリ(Blue Rock Thrush)が、大きな声で囀って、こちらも母衣打ち~?、って…

続きを読む

里山でキビタキ

5月に入ると里山でもキビタキが盛んに囀り始め、縄張り争いや奥さん探しに忙しそう。地面付近で動く影。 キビタキ(Narcissus Flycatcher)♀のよう。 この付近には2羽の♂がいたが、当時、早くも巣材集めの最中だった。 里山の奥の方に移動し、前回のエゾムシクイの地鳴きに反応して出てきた♂。 背景が抜けたいい感じの枝止まり。 移動しても良く見えるとこ…

続きを読む

ムシクイ3種との出会い

今シーズンは里山でムシクイ3種に出会えた。1種目はエゾムシクイ(Sakhalin leaf warbler)。例年声は聞くが、ようやく証拠写真。 あっち向きとか(T_T)。 なので ”ピッ、ピッ、ピッ”と聞こえる地鳴きを。 116_200504_1206A0_ezo.mp3 続いて ”ヒーツーキー、ヒーツーキー”の囀りも。 117_200504_1214A0_ezo.mp3 …

続きを読む

ウグイス、キビタキ、オオルリなど

5月に入って、里山でウグイス(Japanese Bush Warbler)が囀りながら藪から薮へ。 そしてキビタキ(Narcissus Flycatcher)登場?、とは言っても実家の前の溝の中。 母親が『鳥の雛がいる。みかんと米を与えたが、親鳥がいないので心配』と。 いえいえ、ほぼ成鳥のキビタキ♂だよ~と。元気に動き回るが長旅で疲れているのか溝から飛び出せないよう。 …

続きを読む

ジュウイチ、コガラ、オオルリなど

前回に続き山で、到着したばかりのジュウイチ(Hodgson's hawk-cuckoo)。鳴きながら飛んで来て、 頭上を通過。 オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)♂がようやく、まあまあ普通に撮れた。 この深い青が何とも言えない。 少し引いて、 コガラ(Willow tit)も何ショットか。 近くにも。 綺麗…

続きを読む

山の水場でオオルリ、ミソサザイなど

山の水場、とは言っても人が手を清める方だが、そこにオオルリ(Blue-and-White Flycatcher)♀が。 ちゃんと手前から礼儀正しく、 そして、水を飲んでいた。 人は飲んではいけませ~ん! おまけ。♂だったらよかったな~。 空を見上げると、ミサゴ(Osprey)が2羽渡り、 続いてサシバ(Grey-faced buzzard)も渡った。 …

続きを読む

アオジ、イカル、コサメビタキなど

最後まで残っていた冬鳥のアオジ(Black-faced bunting)も、ほぼ4月いっぱいで渡去したよう。ラストシーンかな?枝止まりの♀。 地面でも良く見られた。 ♂も枝止まりで。 留鳥のイカル(Japanese Grosbeak)も暖かくなって、低い所で新芽を啄みに? コサメビタキ(Asian brown flycatcher)は高い所でここだよ~…

続きを読む

コジュケイ、サンショウクイ、キバシリなど

早いもので、あっという間に6月。当ブログはまだ4月末。頑張るぞ~~~~! 今日は久しぶりに撮れた里山のコジュケイ(Chinese bamboo partridge)から(^O^)。 サンショウクイ(Ashy minivet)は里山でも活発で、空中戦だ~~~!! 枝止まりもあるよ。 キバシリ(Treecreeper)も少し近くで、 …

続きを読む

サンショウクイ、シメなど

渡りの鳥に期待し何度か通った城址公園も、今季は不調。そんな中渡ってきたサンショウクイ(Ashy minivet)。 もう既に営巣が近いのか、番らしきペアで飛び回る姿を確認。 既に散ってしまった桜の木に止まってくれた。 他に見られたのは、まだ残っていたシメ(Hawfinch)。 少し引くとサンショウクイも。 ビンズイ(Olive-backed Pipi…

続きを読む

サシバ、ウグイスなど

今季は里山でサシバ(Grey-faced buzzard)に出会えた。ふら~っと飛んで来て降下したように見え、200mくらい先に発見。 どうせ飛ぶだろうと恐る恐る近づくが、予想外にまったりと(^O^)。 こ~んなのも。 近すぎると空抜け。 少し引いて広角端で。 その後もパシャパシャと撮るが、最後まで逃げなかった。 別の日は、駐車場横の杉の木に下りた。 …

続きを読む

コサメビタキ、セイタカシギ、アオアシシギなど

4月末の里山でコサメビタキ(Asian brown flycatcher)。大きな声で複雑に囀っていたが姿が見えない。 と思ったら、目の前の山桜に止まっていたが、逆光がきつかった。 オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)も近くで囀っていたが、見上げるような空抜け。 その後、山へ行くがヒガラ(Coal tit)程度。 農耕地に戻って来て、情報を頂いて…

続きを読む

キバシリ、ルリビタキ、ノビタキなど

4月に入ってもキバシリ(Treecreeper)は活発で、森の外からも声で分かるが、見つけるのは結構大変。 番かな? そして、今季終認のルリビタキ(Red-flanked bluetail)は突然目の前に。♀タイプだった。 当時滞在中だったアオジ(Black-faced bunting)やソウシチョウ(Red-billed leiothrix)は、今では山や高原、はたまた異国に…

続きを読む

ノビタキ夏羽など

今季も渡りの途中の夏羽ノビタキ(Siberian Stonechat)に無事出会えた。昨年と同じ河川敷で6~7羽の群と遭遇。 葦を背景に。 背景の抜けたシーン。 ♀タイプは1羽のみ。 見返りや新緑止まり。 農耕地でも数羽が渡っていた。 どアップから引きで。 他には里山でベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)♂、確かこ…

続きを読む

コマドリ、マヒワ、メジロなど

以前に速報として報告したコマドリ(Japanese robin)だが、結局撮影できたのはこの時のみ。 この後、枯れた倒木の上を移動して、笹薮に消えた。 今季のコマドリは、この日以降4月末まで断続的に1~2羽が滞在していたようだが、囀りを聞くみと低調だった。 マヒワ(Eurasian siskin)は今でも里山で声を聞くが、この日は久しぶりに低い枝に下りた1羽を観察。 …

続きを読む

3月末の山でコガラ、ミソサザイなど

夏鳥が到着する前の山でコガラ(Willow tit)が賑やかだった。 多い時3羽で追いかけ合いも。 ヒガラ(Coal tit)は単独で行動中。 キセキレイ(Grey Wagtail)も元気だが巣作りはまだか。 クマタカ(Mountain Hawk-eagle)も上空を飛んだ。 何か獲物を掴んでいるよう。 トリはミソサザイ(Eurasian Wr…

続きを読む

タゲリ、ジョウビタキなど

早いもので、もう5月。さて、当ブログでは、3月末に思いもかけず農耕地で出会った1羽のタゲリ(Northern lapwing)。 少し引いて、 夏羽に近いのか? 正面からも、 手前のボケは畦のタンポポ。 今季あまり出会えなかったタゲリに最後に出会えラッキー。 今季最後の出会いとなったジョウビタキ(Daurian redstart)は、山間の公園の花壇で…

続きを読む

キバシリ、ウグイス、マヒワなど

初冬の頃から今でも、里山でずっと見られるキバシリ(Treecreeper)。 この日は2羽で寄り添って、 上の子が餌をおねだり。 下の子は芋虫(?)を一杯咥えて、給餌したよう。 上の子が食べ終わると直ぐに再び給餌。舌が出ている。 美味しかった? その後も寄り添って。親子かな~と思ったが、番かも。 3月に入るとウグイス(Japanese Bush …

続きを読む