マヒワ、カケス、ミソサザイなど

12月も半ばに入ると、里山にもマヒワなどが見られるようになった。まずは定番のルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀タイプ。 そして杉の木の天辺にマヒワ(Eurasian siskin)の群。 昨シーズンは高い山でしか見られなかったので、まだまだ高い木の上にいることが多いが、楽しみ。 その後、メ…
コメント:2

続きを読むread more

ノスリ、タゲリなど

今日は前回の里山以外で出会った鳥達を。とは言え、今季の農耕地などは寂しいもので、普通に見られるのはノスリ(Eastern Buzzard)程度。 車で走っていると、農耕地の支柱か何かに止まっていた。 徐々に近づいて、 飛んだ~。 飛翔も。 見ていると、もう一羽飛来し、何度か絡んでくれた。 他にはタゲリ…
コメント:2

続きを読むread more

ウソ、ルリビタキ、ミヤマホオジロなど

1か月以上遡って12月の鳥見から、里山で今季初撮りのウソ(Eurasian Bullfinch)。11月頃から声が聞こえ、空高く群で飛ぶ姿は見ていたが、低い所に下りて来たのは初。逆光気味だったが、なんとかゲット。 何羽かいたようだが撮れたのは♀だった。 今季未だに♂を見ない( ;∀;)。 続いてミヤマホオジロ(Yell…
コメント:2

続きを読むread more

キクイタダキ、イスカなど

年末の里山ではキクイタダキや、久しぶりのイスカなどに出会えた。 イスカ(Common Crossbill)は約2年ぶり。懐かしい鳴き声とともに10羽程の群が飛来し、杉の木の天辺に。 少し引いて~、 少し寄って~、 最後は♀にズームイン。 この日はキクイタダキ(Goldcrest)も登場。菊の…
コメント:5

続きを読むread more

11月後半の里山などの鳥達

今日は11月中旬から下旬に出会った鳥達を。 大阪郊外の公園で、カキの実に止まるメジロ(Japanese White-eye)や紅葉のエナガ(Long-tailed Tit)。 同じポイントで今季はどこでも出会えるキクイタダキ(Goldcrest)。見上げる角度で、なかなか菊の御紋が見えません。 上空をハイタカ(Sp…
コメント:2

続きを読むread more

2020年第一弾はヤマセミ

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。 夏によく訪れる山の渓流で、久しぶりのヤマセミ(Crested Kingfisher)登場。 ケッ、ケッと声がして、ここでは初の出会いだった。 前被りのない所を探して。 トリミングでも。 お気に入りのお立ち台? ちょっと遠くの木でも。 以…
コメント:4

続きを読むread more

2019年の締めはルリビタキ

今年の締めは、12月に入って里山で愛想よくなってきたルリビタキ(Red-flanked bluetail)。 すっかり葉の落ちたカラスザンショウ木に。 やはり青い♂が冬には欠かせない。 近くの藪に♀タイプ。 ヒン、ヒンとこちらの気を引こうとしていた。 少し山に入ると、別の青い子。 ここでも頭上のカラスザン…
コメント:4

続きを読むread more

ノスリ、ベニマシコ、ムシクイなど

11月のとある週末のマイフィールドの様子を。今季は寂しい城址公園で、エナガ(Long-tailed Tit)やソウシチョウ(Red-billed leiothrix)、上空のノスリ(Eastern Buzzard)。 里山でもソウシチョウだらけ。あちらこちらの藪から地鳴きや囀りが聞こえていた・ アオジ(Black…
コメント:4

続きを読むread more

カヤクグリ、マミチャジナイなど

11月初旬に越前方面で山登り。鳥を撮るつもりはなかったがチリリリ~とカヤクグリ(Japanese accentor)が。 他にもマヒワの群や少数のアトリが飛び交っていたが、標準ズームでは無理だった。 代わりに山の頂上付近からの風景を。一番近くにまだ雪のない白山。 その右には北アルプス。 続いて乗鞍かな? 更には…
コメント:2

続きを読むread more

ムギマキ、キビタキ、エゾビタキなど

前回に続いて、その後のムギマキ(Mugimaki Flycatcher)。♂若から。 カラスザンショウの実に♀タイプ。 この日は成鳥♂にも出会えたが空抜けで残念( ;∀;)。 その後も、♂若や♂♀のツーショット、♀タイプなど。 ムギマキの他にもキビタキ(Narcissus Flycatcher)♂…
コメント:2

続きを読むread more

最後はノゴマでした!

10月下旬の河川敷で、大トリを務めてくれたのはノゴマ(Siberian rubythroat)。今季最後のノジコを撮った1時間後くらいに草むらから登場。 一週間前から姿は確認していて、撮影できていなかったが、地鳴きは聞こえていたので運が良ければとは思っていたが。ラッキー! そしてススキ止まり。 こちらも結構距離があって…
コメント:3

続きを読むread more

残っていたノジコ、到着したアオジなど

10中旬に出会えたノジコ(Japanese yellow bunting)は一週間後の河川敷でもチチッと声がして、目の前の桑の木に登場。 少し距離はあって、引くとこんな感じ。 第二陣かな~?拡大で。 草むらの下の方でも。 見返りで。 啄むのはススキの穂? そのようだ。 最後はお澄ましで。 …
コメント:4

続きを読むread more

今季最後のノビタキ

今季もいっぱい楽しませてくれたノビタキ(Siberian Stonechat )も今日で最後。ずっと同じ河川敷で、カシラダカ(Rustic Bunting)とのツーショットから。 おなじみセイタカアワダチソウ絡み。 続いて、ススキ絡み。 それ以外も惜しみなく。おっと、これだけは農耕地の水路のガマ…
コメント:2

続きを読むread more

メボソムシクイなど

秋の渡りのメボソムシクイ(Japanese leaf warbler)を。10月中旬くらいから、ジャッジャッ、ジジッという地鳴きを聞いていたが、撮影できたのは探鳥会でのこと。 亜種オオムシクイ(Kamchatka Leaf Warbler)も特に区別はせず。 最後は後ろ姿で残念。 探鳥会ではアカゲラ(Great…
コメント:2

続きを読むread more

ノビタキ、ジョウビタキなど

10月の河川敷から、直撃は避けられたが台風の影響で倒れたコスモス畑にノビタキ(Siberian Stonechat )は滞在中。 花絡みから。 杭の上でポーズなど。 その後、上流側の草むらでもススキやセイタカアワダチソウ止まりなど。 遠くに近くにサービス良く、 時には花壇…
コメント:2

続きを読むread more

今季初認のカシラダカとノジコの続き

10月中旬、ノジコのやって来た河川敷に一足先に到着したのはカシラダカ(Rustic Bunting)。下流側のコスモス畑近くで今季初認。 上流側の草むらに移動して、正面顔など。 その後、前回のノジコ(Japanese yellow bunting)登場となり、続きの写真を。カシラダカなどに混じって、地面で採食中?。 …
コメント:3

続きを読むread more

2019年のノジコ

今年も無事秋の渡りのノジコに出会えた。ここ数年よく見られる河川敷の草むらでチッ、チッと登場。 背景の草花はミゾソバかな? その後、ススキ止まり。 ツーショットも。 少し引いて、ススキの雰囲気も。 もっと引くと~、 ノジコの3ショットは初でした(^O^)。 今季はノジコ祭り状態だったので、…
コメント:2

続きを読むread more

ノビタキ、チョウゲンボウとアトリ

前回に続き、コスモス畑のノビタキ(Siberian Stonechat )から。 次の週にやって来た台風19号の影響で、コスモスは軒並み倒れてしまったので、この週に撮っておいて良かった。 飛翔なども。 ふと、横から舞い上がった猛禽はチョウゲンボウ♀(Common Kestrel)のよう。 バッタを…
コメント:2

続きを読むread more

コスモス畑のノビタキなど

今季は河川敷のコスモス畑にノビタキ(Siberian Stonechat )がよく入ってくれた。 農耕地に移動して、豆畑でも。 苅田にも。 野の花止まりも。 すっかり枯れた彼岸花にも。 日が傾く頃に再びコスモス畑へ行っても愛想良かった。 飛んだ~! それ以外の鳥達は、梅林でコサメ…
コメント:2

続きを読むread more