トケン、ウサギ、サンショウクイなど

6月のつづきから、雨の日に営巣中のサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)の様子を見に行くと、近くの枝にトケンが。ホトトギス(Lesser Cuckoo)かな~?。 少し引くと、 もっと引くと、 結構長く止まっていたが、最後はサンコウチョウの♂に追い払われたように見えた。 巣は♀がし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

6月初旬の山の鳥達

山で”タッタッ、ヒーヒーヒー…”と囀っていたのはオオルリ♀(Blue-and-White Flycatcher)。 頻繁に尾羽を立てて、 ♀も囀るんだと初めて認識した。 声も録ってみた。 005_190601_0848A0_ooruri_mesu.mp3 ずっと囀っていたのは警戒していたから? 近くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山のサンコウチョウ、カイツブリなど

5月末の里山でもサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)に出会えた。杉林の高い所でかろうじて♂登場。 ♀は広葉樹の所まで出て来て、 いい感じの新緑背景で。 鳴いた? 溜池では、早くもカイツブリ(Little grebe)が子連れになっていた。 同じ日に、城址公園ではサン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今季のサンコウチョウ

5月の山の続きから、麓の杉林でサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)の♀登場。 同じところをチョロチョロしていたので、よく見ると(^O^)。 どうやら巣作り中のよう。 ほどなく♂もやって来た。 体の収まりを確認中。 巣材を探すシーンなど。 たまに巣に戻ったり…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山でオオアカゲラやハチクマなど

5月の山の続きはキビタキ(Narcissus Flycatcher)から。ふと目の前の枝に止まったところを。 寄って~。 こっち向いた。 キビタキ♀やヤマガラ(Varied tit)も。 下旬に入るとオオアカゲラ(White-backed Woodpecker)がよく出てきた。 てか、アカケラを見ない。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

セイタカシギ、ケリなど

今年もセイタカシギ(Black-winged Stilt)がやって来た。 少し若いようだが1羽だけでやって来て、地元のケリと仲良くしていた。 ランデブー飛行も。 こっち見。 畦にいるケリとは付かず離れず。 ケリの他にはヒバリ(Eurasian skylark)やチュウサギ(Intermediat…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月中旬の山の鳥達

5月の山でコガラ(Willow tit)。 水場でも。 新緑でも1枚。 ヒガラ(Coal tit)もちらっと登場。 オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)も新緑を背景に。 今は高い山で見かけるビンズイ(Olive-backed Pipit)も渡りの途中に遭遇。 久しぶりのク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コチドリ、キアシシギなど

田植えを終えたばかりの田んぼにコチドリ(Little ringed plover)がやって来ていた。 おもむろに水浴びを開始。 気持ち良いい~って。 凛々しく佇んで。 2羽いたので番なのでしょう。 農道にはコシアカツバメ(Red-rumped swallow)も。 そして水入れ中の田んぼにはキアシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初夏の大阪の河川敷から

5月連休の終わりに大阪に戻って来て、久しぶりの河川敷ではオオヨシキリ(Great reed warbler)が元気に囀っていた。 別の子も。 休日は人が多くチュウシャクシギは対岸に、コアジサシは留守だった(( ;∀;))。 なのでホオジロ(Meadow Bunting)や、 アオサギ(Grey her…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ミソサザイとゴジュウカラ

山の中腹の車道横で初夏初のミソサザイ(Eurasian Wren)。重機に営巣しようとしていた。 大きな声で囀ったり、 巣材を集めたりしていた。 上まで行くと、ゴジュウカラ(Eurasian nuthatch)が登場。 新緑を背景にしばしのサービス。 そして、数日後のミソサザイ。無事…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

新緑のソウシチョウ

冬の間、里山に滞在していたソウシチョウ(Red-billed leiothrix)が、渡去前の5月頃賑やかだった。 新緑の木々を騒々しく移動していく。 日本の風景にはちょっと違和感のある色合い。 でも綺麗だし、出会ったら撮りたい。 鮮やかな新芽と、 最後は山藤の花絡みも。 今は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キビタキと植物

5月の連休に少し遠出して出かけた湿地でキビタキ(Narcissus Flycatcher)。 正面。 左~ぃ。 右~ぃ。 他には、オオルリ、サンショウクイやサンコウチョウの初鳴きも聞けたが、写真は×だったので近くで見られた植物をパシャパシャ。 出会いたかったのはノジコ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チュウシャクシギなど

農耕地でウズラシギ(Sharp-tailed Sandpiper)は、徐々に近くに。 ブルブル。 少し離れた田んぼにチュウシャクシギ(Whimbrel )1羽。 多い時は5羽もいたらしいが、 結局春の渡りでは、これが唯一の出会い。 順光側からも遠いが、逆光側に回っても遠ざかって、 タシギ(Co…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山で2度目ノゴマなど

5月に入った里山で今季2度目のノゴマ(Siberian rubythroat)。 手前の枝が邪魔だけど、きっと本人は防御のつもり。 ちょっと引いて、 やっぱり枝がね~(( ;∀;))。 最後もこんな感じで、これが渡りのノゴマの終認でした。 でも、今季は何度も囀りを聞けたし、2度も姿を見ることが出来たので満足…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

山でオオルリなど

クマタカ、コガラを撮った後、オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)がサービスしてくれた。 見下ろす角度で。 杠(ゆずりは)を背景に。 別の木にも。 続いて、赤い枯れ葉を背景に、 はいポーズ。 凛々しいけど、目が怖い。 おまけのキビタキ(Narcissu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガラ、クマタカ、キビタキなど

いや実際、山と里山と農耕地くらいしか回っていないので、そのローテーションばかり。プラスアルファで河川敷と城址公園程度かな。 というわけで、今日は山で、コガラ(Willow tit)から。 赤いのは、お稲荷さん。 こんな所にも止まり、巣材集めっぽい。 ヤマガラ(Varied tit)も活発に。 新緑にもコガラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

終認のコマドリ、アオジなど

4月中旬頃から里山で見られたコマドリ(Japanese robin)が、5月に入っても残っていた。 藪の中ではよく囀っていたが、 撮影はできず、 お立ち台を、チョロチョロ。 結局このシーンが今季の終認となった。 今頃は、どこかの高い山で繁殖中だろうか。 相変わらず、コサメビタキ(Asian brown…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウズラシギ、チュウサギなど

5月に入っても、引き続き田んぼには渡りのシギなどの水鳥がやって来た。中でもウズラシギ(Sharp-tailed Sandpiper)は、数日滞在してくれた。 2羽が寄り添い、番のよう。 引いたシーンも。 午後にも、 ツーショットも、 他には、クサシギ(Green Sandpiper)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コマドリ、キビタキ、マミジロなど

もう6月だが、当ブログではようやく4月が今日で終わろうとしている。今季初めて訪れた山で、まず出会ったのはコマドリ(Japanese robin)♀。 このポイントでのコマドリは初で、ちょっと驚いた。 もちろんここでは繁殖しないので、渡りの途中。これを最後に出会うことはなかった(( ;∀;))。 続いて、ブンブン、プルプ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山でキビタキ、オオルリ、ソウシチョウなど

4月末の里山の続きから、『チョットコイ、チョットコイ』のコジュケイ(Chinese bamboo partridge)が近い。 コサメビタキ(Asian brown flycatcher)は複雑な囀りとともに、少し先の枝に止まった。 渡りの途中か、クロツグミ(Japanese Thrush)もキョキョキョっと草むらに下りてき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more