コウノトリの続きなど

この日、コウノトリ(Oriental stork)一家が巣の近くで寛ぐ姿が見られた。お父さんは電柱の天辺で休憩中。 近くをお母さんが飛んで、 巣の所に到着すると、戻っていた。 そこに飛んできたのは、雛のよう。 雛が飛んだのを見たのは初。 甘えたの雛。 その後巣には雛が残り、 お母さんは隣の電柱に。 そしてお母さんが飛んで行った。家族が揃っているのを…

続きを読む

コウノトリ、アオゲラ

7月のとある日、コウノトリ(Oriental stork)の雛は無事巣立ちを終えたとのこと。ただ、しばらくは餌を捕るのもままならないためか、親に見守られて過ごすらしい。この日は巣に戻っていた雛のところにお母さんが帰ってきた。 お母さんが戻って来ると、途端に甘えん坊になる。 お母さんが呑み込んで持ち帰った餌をねだっているらしい。 早く出して~! この後、無事餌をもらって…

続きを読む

サンコウチョウ、コサメビタキなど

7月も半ばを過ぎると出会える鳥も限られる。山のサンコウチョウも繁殖期に入ったのか、声を聞かなくなった。一方で、里山の一角で賑やかに自己主張する愛想のいいサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)♀に出会えた。 ♂もいて時々囀っていたが遠い。 ♀は私の周りをチョロチョロと。 針葉樹以外の枝でも愛想よくサービス。 ♂♀は番(つがい)…

続きを読む

コウノトリ、ササゴイなど

7月中旬に入っても城址公園でキビタキ(Narcissus Flycatcher)♀や幼鳥。 他にはコゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)とキセキレイ(Grey Wagtail)。 マイフィールドで繁殖したコウノトリ(Oriental stork)のお父さんと雛。 お父さんが巣から離れると、 雛が巣立ちの練習を開始。 近くでア…

続きを読む

子育てなど、色々

7月の初旬のマイフィールドでは、野鳥達の幼鳥や子育てシーン、営巣シーンなど色々見られた。 里山で出会えたのはキビタキの(Narcissus Flycatcher)幼鳥。 もうすっかり一人立ちしたようで、 近くに親鳥は見られなかった。 あちこちの溜池でカイツブリ(Little grebe)が子育て中だった。 水蓮の池では成鳥だけだったたので、花も撮影。 …

続きを読む

葦原でオオヨシキリ

カモ観察以来、半年ぶりに訪れた池の葦原でオオヨシキリ(Oriental reed warbler)に出会った。2~3羽が常時飛び交い、子育て中の餌探しかな。 たまに囀ったりも。 近い所にもやって来た。 最後も葦止まりを連写で。 おまけは、飛んでいると綺麗だが止まるとみすぼらしいムラサキシジミ。 こんな所にヨシゴイなどがいないかな~…

続きを読む

キビタキ親子やゴイサギなど

6月の終わりに城址公園でキビタキ(Narcissus Flycatcher)親子に出会う。 雛とは言え、親よりもぷっくり。 母親が上の枝に。 その後も、寄らず離れずで、 地面に降りたりも。 綺麗な♂もチラっと見かけたが、撮影できず(T_T)。 近くにはカワラヒワ(Oriental Greenfinch)。 河川敷に移動すると、コシアカツバ…

続きを読む

里山のコガラ、山のオオルリなど

夏には山にいるイメージのコガラ(Willow tit)だが、標高100mもないマイフィールドの里山で夏に出会える。 水浴びの後か、目の前で長い間羽繕い。 少し移動して杉の木で、 流石にこの標高ではヒガラには出会えない。 その後里山で出会ったのはキビタキ(Narcissus Flycatcher)の幼鳥のよう。 とは言え結構成長していた。 キバシリに似たよう…

続きを読む