ノジコ、コサメビタキなど

今季のマイフィールドの里山では、コマドリやノゴマなどの渡りの鳥たちが愛想よく通過していきましたが、この鳥は新発見でした。

毎年、秋に立ち寄ってくれるノジコ(Japanese yellow bunting)が、春にもやって来ていました。

チッ、チッ、ズィッてな感じで草むらから出てきた鳥、最初はアオジ~?と思いました。

画像


アオジじゃないですよね。

画像


もう一枚。

画像


あわよくば、まだ聞いたことがない囀りを聞きたいところでしたが、春のノジコを確認できただけでも、良しとしましょう!

コサメビタキ(Asian brown flycatcher)も例年この時期に見られます。

画像


画像


画像


画像


ここでも、キビタキの♂、♀が追いかけ合っていましたが撮影は×。

他にはウグイス、カワラヒワなどがいました。

画像


画像



以上、5月初旬の撮影です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • fujio

    あら~っ、ノジコが見られましたか。
    私は、随分と長い間ご無沙汰です。
    2016年06月03日 22:46
  • とりあえず鳥でも

    fujioさん
    ノジコは草むらから出てきて、後ろの杉林に入るまでのわずかの間、枯れ木に止まってくれましたが証拠写真でした(涙)。
    2016年06月05日 23:34

この記事へのトラックバック