タゲリ、コウノトリとハヤブサ

2月、タゲリ(Northern lapwing)が続くが、今日はプチ遠征で出会えた今季たぶん終認のもの。遠くから田んぼの畦に姿が。 近くに行くと沢山。 引くとこんなに。 どれを撮っていいか分からずパシャパシャ。 群で飛翔も。 合間に定番のコウノトリ(Oriental White Stork)も。 後半は潅水田に下りたところを。 …

続きを読む

ノスリ、コガラ、シロハラなど

夏鳥情報は最後にして、2月の鳥見から。城址公園でシロハラ(Pale Thrush)、ヒヨドリ(Brown-eared Bulbul)とイカル(Japanese Grosbeak)。 農耕地でツグミ(Dusky thrush)を撮った後、 黄昏のノスリ(Eastern Buzzard)が電線に。 今一の飛び出し、 まあ、ノスリはまだ当地に滞在中のよう。 引いて…

続きを読む

オシドリ、ハイタカ、タゲリなど

前回オオヒシクイの観察の合間に近くの池に。情報をいただきオシドリ(Mandarin duck)。 大きな池の遠い岸に十数羽。オシドリの撮影は今季初かも。 番かな、2羽が寄り添って移動し、その先にはトモエガモ(Baikal teal)が3羽ほど。 その後もオシドリ、トモエガモを中心に。 この池には沢山のヒドリガモ(Eurasian Wigeon)やマガモ(Mal…

続きを読む

オオヒシクイなど

2月の鳥見の続きから、里山を後にして農耕地を訪れるとオオヒシクイ(Middendorf's bean goose)が2羽で休憩中だった。 1月のマガンに続いて、オオヒシクイも当地では初の出会いたった。 休憩が終わると動き始め、羽を上げたり。 そして、2羽で記念写真ポーズ。番かな? 足を上げてちょっとお茶目に。 その後も引いた写真や、畦で寛ぐシーンなど。 …

続きを読む

ミソサザイなど

この週末の里山にはセンダイムシクイが到着し、今日は3か所ほどで囀っていた。残念ながらあとは冬鳥が中心。ルリビタキはまだ5~6羽残り、アオジ、クロジ、シロハラなども残っているよう。キバシリは相変わらず声のみ(T_T)。河川敷や農耕地でノビタキが数を増やし、順調に渡っている。城址公園ではカエデの新芽を啄むアトリの群が見られた。 写真は2月の里山で見られたミソサザイ(Eurasian Wren)…

続きを読む

タヒバリ、カンムリカイツブリ、オオバンなど

2月のとある日。この日は週半ばの休日で、自宅から歩いて大阪の河川敷の様子を見に行ったが、目当ての種には出会えず、堤防の法面にタヒバリ(Water Pipit)。 鳥の群れを見て色々と期待したがカワラヒワ(Oriental Greenfinch)。 川の中にはカンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)、まだ冬羽だったが久しぶり。 キンクロハジロ(Tuft…

続きを読む

イカル、ヒガラ、ルリビタキなど

2月の鳥見から、里山でコガラ(Willow tit)。スギやヒノキの林でよく見かける。 上空にはノスリ(Eastern Buzzar)。この冬滞在中の個体と思われる。 モズ(Bull-headed Shrik)も♀もちらり。 里山を進むとイカル(Japanese Grosbeak)が正面の梢に。 同じポイントでヒガラ(Coal tit)。水浴び後かな? 正面から…

続きを読む

マヒワ、ミソサザイ、トモエガモなど

明日から4月だが、当ブログは今日から2月。里山で見られたマヒワ(Eurasian siskin)から。 ♂はこれだけで、あとは♀を何ショットか。 ようやく、少し低い所にも下りて来たよう。 ただ、今シーズンは都市公園などの方が良く出会えるようで(T_T)。 続いてミソサザイ(Eurasian Wren)。チョロチョロと動き回って撮りにくいが、一瞬止まって。 ちょっとだ…

続きを読む

シロハラ、ウソ、クサシギなど

4月も間近だが、今日も1月の里山からシロハラ(Pale Thrush)。 止まっている木はヌルデかな? 続いて、いつもは♀を見かけるポイントでルリビタキ(Red-flanked bluetail)♂。 引いたり。 ブルブル。 少し進むとトビ(Black Kite)。直ぐに飛んだが。 別の谷筋を登ると、フィフィと聞こえ頭上にウソ(Eurasian Bullfin…

続きを読む

シメ、ヒクイナ、トラツグミなど

1月、例年この時期に訪れる大阪の公園でシメ(Hawfinch)。 今年は少なく感じるが、この公園では定番のよう。 小さな葦原のある小川エリアでヒクイナ(Ruddy crake)。 こっちに近づくも、 警戒したかUターン。 バン(Common Moorhen)は♂、♀または若など10羽くらい見かけた。 ヒクイナともども背景に恵まれない(T_T)。 …

続きを読む

イカル、ルリビタキ、マガンなど

前回に続いて1月の雪の日、里山を進むとイカル(Japanese Grosbeak)。 ヌルデの木かな?もう少し近くが良かった。 前回とは別のハゼの木にルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀タイプ。 更に山に入ると、長~く滞在中の♂も登場。ヒンヒンと突然鳴き声が聞こえ、目の前の見上げた先の枝に。 向きを変えてサービス。 静かに見守っていると、足元…

続きを読む

雪絡みのジョウビタキ、ルリビタキなど

ガンカモ調査の翌日は、マイフィールドに薄っすらと雪が積り、例によって里山に徒歩で向かう。 住宅地の柿の実はまだ残っていて、メジロ(Japanese White-eye)やスズメ(Tree Sparrow)。 溜池堤防沿いの一本道で、遠くに見えた鳥はトラツグミ(White's Thrush)。 今季の初認だったが、遠いし隠れる所もなく直ぐに横の森に消えた(T_T)。 …

続きを読む

ガンカモ調査でスズガモ、ホオジロガモなど

マイフィールドエリアで年始に行われたガンカモ調査に参加した。まずは、河畔林に止まっていたキジ(Japanese Pheasant)。 こんな所でまったりしているのは初めて見たような。 小さな池で、内陸部では珍しいスズガモ(Greater Scaup)♂。 マガモ(Mallard)やホシハジロ(Common pochard)などの中に1羽。 隣のホシハジロ♀はお休み中。 …

続きを読む

ミヤマホオジロ、シロハラ、ルリビタキなど

城址公園でルリビタキを撮っている時、チッチッと10羽程で飛んできた群はミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)だった。 近くの開花したばかりの梅の木にも止まるが撮影はできず、公園隅の竹やぶ近くで、 ふと横に目をやると、♂もいた。 その後も♂や、 ♀同士のツーショットはこっち見で。 城址公園では、シロハラ(Pale Thrush)も里山…

続きを読む

城址公園でルリビタキ♀など

1月、年始初の城址公園で愛想のいいルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀に出会った。 地面に下りたり、切り株に乗ったりと。 木の幹に止まったりも。 その後もたっぷりサービスして貰えた。 近くにいたジョウビタキ(Daurian redstart)♂も愛想良かったが、 この日はルリビタキ♀に軍配です。たま…

続きを読む

ルリビタキ、クマタカ、ミヤマホオジロなど

前回の続きで、里山を進んで行くと、またまた別のルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀タイプ。 ごちゃごちゃした藪でイカル(Japanese Grosbeak)。 そして、またまたまた~別のルリビタキ♂が雪絡みで。 目の真ん前でこっちが驚いた。 その後も辺りをちょろちょろ。 その後も色んな枝で愛想よく。 山を少し下り…

続きを読む

クロジ、ソウシチョウ、ヒガラ、ルリビタキなど

またまた新年の鳥見、それもずっと同じ里山からではありますが、お付き合いを。 この日も、実家から徒歩で出掛け、家を出るなり遠い梢にハイタカ(Sparrowhawk)。 ウグイス、イソヒヨドリも来ていた柿の実にツグミ(Dusky thrush)。 そして、里山へのアプローチで連日のクロジ(Grey Bunting)。 相変わらずのサービス。 この日はソウシチョウ(R…

続きを読む

愛想のいいクロジなど

前回の続きで、里山に入ったが鳥達のサービスは悪かった。帰りに再び里山へのアプローチに戻って、クロジ(Grey Bunting)が藪の中から途上。 警戒心なく、雪の残る道端まで、 何かの実を啄んだり、 石ころも?? ♀も出てきた。 一番黒い子も。 あと、少し茶色い♂と4羽くらいの群だった。 こんな愛想のいいクロジは初だった。 里山で見られ…

続きを読む

ミヤマホオジロ、ルリビタキ、クロジなど

新年の鳥見から、普段は歩かない里山へのアプローチでミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)に出会った。 ♂は久しぶりかも。 周囲の雰囲気も。 道の真ん中にキジバト(Oriental turtle dove)が。水浴びかな。 さらにその前方にはクロジ(Grey Bunting)がチョコチョコ。 直ぐに藪に隠れたので、出て来ないかな~と待機し…

続きを読む

シジュウカラ、アオジ、ウグイスなど

前回の新年の鳥見の続きから、ハゼの実を啄むシジュウカラ(Japanese tit)。 両足で実を挟んで、お辞儀シーン。 実を咥えたところも。 足にも実を挟んでいるし、咥えているのは? 里山の入り口まで戻って来ると、アオジ(Black-faced bunting)が地面に2羽。 飛び立ったかと思えば、枝止まりのサービス。 程なくツーショットもご披露。 …

続きを読む

イカルチドリ、ウソ、ルリビタキなど

なんと、前回で12月分は終わり、今日から2021年1月分だった。 里山の水の抜かれた溜池にイカルチドリ(Long-billed plover)。年末に降った大雪の名残。こんな時によく見かける。 雪の上も歩いたり、 3羽で井戸端会議? 溜池横のウツギ?の藪から、突然ウソ(Eurasian Bullfinch)♂が目の前に。 ただ、ピントが背景に(T_T)。 …

続きを読む

アオジ、ルリビタキ、コガラなど

相変わらず、年末の里山での鳥見の続きから、遠い木にノスリ(Eastern Buzzard)。 空抜けのウソ(Eurasian Bullfinch)♂。 アオジ(Black-faced bunting)は例年通り多いが、藪に潜る前の一瞬がチャンス。 カケス(Eurasian jay)とモズ(Bull-headed shrike)を1枚づつ。 薮から出てき…

続きを読む

ノスリ、コウノトリ、コハクチョウなど

年末に一度だけ、マイフィールドから1時間ほどの探鳥地へ出かけてみた。 河川敷で出会えたのは、警戒心のないノスリ(Eastern Buzzard)。 背景は残雪で、なんちゃって雪絡み。 少し引いて。 別のノスリはもっと近い。 別の猛禽を期待したが、出会えたのはハイタカ(Sparrowhawk)とミサゴ(Osprey)。 農耕地でハイイロチュウヒ♂を見たけど写…

続きを読む

キクイタダキ、ウソなど

年末、前回と同じ日の鳥見からキクイタダキ(Goldcrest)。 ヒノキの林で。 近くにはウソ(Eurasian Bullfinch)も下りていた。ウツギの木かな? ♂と♀が1羽ずつで番かな。 最初は♀が見えやすい所に。 ♂は隙間からの撮影ばかり(T_T)。 他にはルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀とジ…

続きを読む

ルリビタキ、クマタカなど

前回に続いて、次の日の里山での鳥見からルリビタキ(Red-flanked bluetail)♂。 ヌルデの木のようだが、近くにハゼの木もあって、 実を啄んでいた。 引きで。 続いて今季は里山でも多いヒガラ(Coal tit)も登場。 サービスは悪いが地面近くに下りていたカケス(Eurasian jay)。 カシラダカ(Rustic Bunting)は枝被り…

続きを読む

ノスリ、ウソ、ミヤマホオジロなど

ちょうど1か月前、年末の鳥見から、里山で初認のノスリ(Eastern Buzzard)。 ほぼ毎年見ている個体か、こちらを観察するかのように長く舞っていた。 笹薮でジョウビタキ(Daurian redstart)♂。 初冬の頃から声は聞いていたが、撮影は今季初のウソ(Eurasian Bullfinch)。 ♂、♀並んで。 空抜けだが、撮れただけでOKでしょう。 …

続きを読む

3羽のキジと猛禽類

農耕地で何か居ないかと待機していると、苅田にキジ(Green Pheasant)が。 よく見ると、近くにもう1羽。 遂には3羽目も現れて近くに並んでくれたので、新年の挨拶に使わせてもらった。 ♂同士でも仲がいいのは、家族なのでは?とコメントをいただいたが、 なるほど~、と納得。 単独でのシーンや、 ツーショットなど、カシャカシャと。 他には、いつものノス…

続きを読む

ルリビタキ成鳥♂

前回のキクイタダキを撮った後、里山の別の谷筋に移動すると、滞在中のルリビタキ(Red-flanked bluetail)♂が登場。 谷から生えたハゼの実の位置が、ほぼ目線の高さで好都合だ。 採餌ポイントに移動し、実を啄んだり、 同じところで、キョロキョロと見返りなども。 満腹になったのか、少し下に移動しても愛想よくポーズ。 逃げないので、広角…

続きを読む

キクイタダキです。

12月のとある日、里山の一角で騒々しく動き回る2羽のキクイタダキ(Goldcrest)に出会った。 忙しなく動き回るためダメ元で撮るしかない。 ツーショットも。 最後は単独で。  今季はキクイタダキが多いようで、エナガなどのカラ類との混群や単独での群などに出会う機会は多い。とは言っても実際には姿を確認できないことの方が多いが、この時は5分近く撮り放…

続きを読む

イソシギ、カシラダカなど

12月に入り、マイフィールドの小さな川でイソシギ(Common sandpiper)。 見返りや、 横を向いたり、 ちょっと手前向きも。 農耕地に移動すると、今年もいつもの電柱にノスリ(Eastern Buzzard)が止まるようになった。 里山では、ようやく近くで撮れたカシラダカ(Rustic Bunting)。 里山でクリクリお目目のルリビタキ…

続きを読む