ミソサザイなど

この週末の里山にはセンダイムシクイが到着し、今日は3か所ほどで囀っていた。残念ながらあとは冬鳥が中心。ルリビタキはまだ5~6羽残り、アオジ、クロジ、シロハラなども残っているよう。キバシリは相変わらず声のみ(T_T)。河川敷や農耕地でノビタキが数を増やし、順調に渡っている。城址公園ではカエデの新芽を啄むアトリの群が見られた。

写真は2月の里山で見られたミソサザイ(Eurasian Wren)。
DSC_8952.jpg

この頃は、里山の谷筋のいたるところで沢山滞在していたが、先週は1羽程度が残り、
DSC_8953.jpg

今週で高い山に移動したよう。
DSC_8976.jpg

この日は、久しぶりに数ショット撮影に成功。
DSC_8973.jpg

他にはシジュウカラ(Japanese tit)。
DSC_8929.jpg

おまけは今季よく出会う鹿くん。
DSC_8937.jpg


そういえば、シジュウカラはもう番になり盛んに巣材を集めていたし、もっと驚いたのは農耕地でケリがもう雛を連れていたこと。3月が暖かかったためか、留鳥の繁殖が早そうだ。


以上、写真は2月中旬のものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • fujio

    尾羽をピンと上げた姿がサイコウですね。
    今では、渓流に囀りが響き渡っています。
    2021年04月13日 12:01
  • とりあえず鳥でも

    fujio さん
    夏山のソングポストで大きな声で囀るミソサザイ、そろそろそんな季節ですね。
    当方も4月末くらいからは山の夏鳥シーズンですね。
    2021年04月13日 22:50