イカル、ヒガラ、ルリビタキなど

2月の鳥見から、里山でコガラ(Willow tit)。スギやヒノキの林でよく見かける。
DSC_8407.jpg

上空にはノスリ(Eastern Buzzar)。この冬滞在中の個体と思われる。
DSC_8431.jpg

モズ(Bull-headed Shrik)も♀もちらり。
DSC_8447.jpg

里山を進むとイカル(Japanese Grosbeak)が正面の梢に。
DSC_8459.jpg

DSC_8465.jpg

同じポイントでヒガラ(Coal tit)。水浴び後かな?
DSC_8504.jpg

正面からも。
DSC_8527.jpg

DSC_8544.jpg


このポイントにはやや若いルリビタキ(Red-flanked bluetail)♂も。
DSC_8560.jpg

DSC_8589.jpg

DSC_8593.jpg

羽ばたきも。
DSC_8603.jpg


農耕地ではケリ(Grey-headed lapwing)やツグミ(Dusky thrush)。
DSC_8626.jpg

DSC_8639.jpg

カシラダカ(Rustic Bunting)の♂、♀はまだ色づく前だった。
DSC_8700.jpg

DSC_8726.jpg

その後、川に群れていたオオバン(Common coot)を撮影。
DSC_8738.jpg


おまけは、同じ頃咲いていた梅。
DSC_8735.jpg

DSC_8743.jpg

DSC_8745.jpg



今日は里山でヤブサメの声を今季初確認したが、まだ冬鳥もアオジ、クロジ、ウソ、ルリビタキ、ミソサザイ(当地では)などが残っていた。
農耕地では、なんとか1羽の夏羽ノビタキ♂に出会えた。明日は雨のようなので、他の夏鳥は来週かな~。

以上、写真は2月初旬のものです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • fujio

    里山は、標高はどのくらいなのでしょう?。
    ヒガラやコガラが見られるのなら、結構高いのでしょう?。
    オオバンは、我が方も数が増えて繁殖迄するようになりました。
    ここ数年の間の事です。
    2021年04月05日 18:48
  • とりあえず鳥でも

    fujio さん
    里山は標高50~200m程度の低山ですが冬期にはヒガラやコガラ、ミソサザイなどが滞在しています。
    コガラはたまに夏でも残っていますが、そろそろ500m以上くらいの山に帰る頃ですね。
    オオバンの繁殖は驚きです。

    2021年04月05日 21:30