ルリビタキ、クマタカ、ミヤマホオジロなど

前回の続きで、里山を進んで行くと、またまた別のルリビタキ(Red-flanked bluetail)♀タイプ。
DSC_3598.jpg

ごちゃごちゃした藪でイカル(Japanese Grosbeak)。
DSC_3602.jpg

DSC_3612.jpg

そして、またまたまた~別のルリビタキ♂が雪絡みで。
DSC_3647.jpg

目の真ん前でこっちが驚いた。
DSC_3648.jpg

DSC_3652.jpg

その後も辺りをちょろちょろ。
DSC_3657.jpg

DSC_3671.jpg

DSC_3684.jpg

その後も色んな枝で愛想よく。
DSC_3689.jpg

DSC_3692.jpg

DSC_3695.jpg

DSC_3725.jpg

山を少し下り、平地に戻って来るとフィョー、フィョーとウソのような声が聞こえ、
DSC_3739.jpg

上空に現れたのはクマタカ(Mountain Hawk-eagle)だった。
DSC_3744_01.jpg

きっと年末に見た個体だと思うが、
DSC_3751_01.jpg

しばし、優雅に舞うシーンを観察。
DSC_3754.jpg

DSC_3756_01.jpg

帰りにも、滞在中のクロジ(Grey Bunting)や柿の実のウグイス(Japanese Bush Warbler)を撮影。
DSC_3787.jpg

DSC_3810.jpg

DSC_3842.jpg

その後、里山を後にして、年始初の山間の公園へ。
鳥は少ないが、愛想のいいミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)♂が1羽。
DSC_3857.jpg

DSC_3890.jpg

DSC_3896.jpg

ようやく全身が撮れた、
DSC_3922.jpg

と思ったら、地面に下りて目の前でサービス(^O^)。
DSC_3994.jpg

DSC_4012.jpg

何かを採餌しているようだった。
DSC_4104.jpg

DSC_4114.jpg

DSC_4136.jpg


三寒四温の季節が繰り返す中、1週間くらい前からウグイスの囀りが聞かれ春を感じる日も。このまま、冬が終わってしまうのは、ちょっと物足りないような。。。

以上、1月初旬の撮影はこれで最後です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • fujio

    我が方ではなかなか見られないクロジとミヤホが、こんなにサービスが良いなんて、なんと羨まし事で。
    2021年03月04日 08:33
  • とりあえず鳥でも

    fujio さん
    今季だけはクロジがアオジくらい沢山いますね。ただ、もう今は暗い森の中にいて撮影し難いですね。ミヤホは運が良かったようです。
    2021年03月05日 20:22