クロジ、ソウシチョウ、ヒガラ、ルリビタキなど

またまた新年の鳥見、それもずっと同じ里山からではありますが、お付き合いを。 この日も、実家から徒歩で出掛け、家を出るなり遠い梢にハイタカ(Sparrowhawk)。 ウグイス、イソヒヨドリも来ていた柿の実にツグミ(Dusky thrush)。 そして、里山へのアプローチで連日のクロジ(Grey Bunting)。 相変わらずのサービス。 この日はソウシチョウ(R…

続きを読む

愛想のいいクロジなど

前回の続きで、里山に入ったが鳥達のサービスは悪かった。帰りに再び里山へのアプローチに戻って、クロジ(Grey Bunting)が藪の中から途上。 警戒心なく、雪の残る道端まで、 何かの実を啄んだり、 石ころも?? ♀も出てきた。 一番黒い子も。 あと、少し茶色い♂と4羽くらいの群だった。 こんな愛想のいいクロジは初だった。 里山で見られ…

続きを読む

ミヤマホオジロ、ルリビタキ、クロジなど

新年の鳥見から、普段は歩かない里山へのアプローチでミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)に出会った。 ♂は久しぶりかも。 周囲の雰囲気も。 道の真ん中にキジバト(Oriental turtle dove)が。水浴びかな。 さらにその前方にはクロジ(Grey Bunting)がチョコチョコ。 直ぐに藪に隠れたので、出て来ないかな~と待機し…

続きを読む

シジュウカラ、アオジ、ウグイスなど

前回の新年の鳥見の続きから、ハゼの実を啄むシジュウカラ(Japanese tit)。 両足で実を挟んで、お辞儀シーン。 実を咥えたところも。 足にも実を挟んでいるし、咥えているのは? 里山の入り口まで戻って来ると、アオジ(Black-faced bunting)が地面に2羽。 飛び立ったかと思えば、枝止まりのサービス。 程なくツーショットもご披露。 …

続きを読む

イカルチドリ、ウソ、ルリビタキなど

なんと、前回で12月分は終わり、今日から2021年1月分だった。 里山の水の抜かれた溜池にイカルチドリ(Long-billed plover)。年末に降った大雪の名残。こんな時によく見かける。 雪の上も歩いたり、 3羽で井戸端会議? 溜池横のウツギ?の藪から、突然ウソ(Eurasian Bullfinch)♂が目の前に。 ただ、ピントが背景に(T_T)。 …

続きを読む

アオジ、ルリビタキ、コガラなど

相変わらず、年末の里山での鳥見の続きから、遠い木にノスリ(Eastern Buzzard)。 空抜けのウソ(Eurasian Bullfinch)♂。 アオジ(Black-faced bunting)は例年通り多いが、藪に潜る前の一瞬がチャンス。 カケス(Eurasian jay)とモズ(Bull-headed shrike)を1枚づつ。 薮から出てき…

続きを読む

ノスリ、コウノトリ、コハクチョウなど

年末に一度だけ、マイフィールドから1時間ほどの探鳥地へ出かけてみた。 河川敷で出会えたのは、警戒心のないノスリ(Eastern Buzzard)。 背景は残雪で、なんちゃって雪絡み。 少し引いて。 別のノスリはもっと近い。 別の猛禽を期待したが、出会えたのはハイタカ(Sparrowhawk)とミサゴ(Osprey)。 農耕地でハイイロチュウヒ♂を見たけど写…

続きを読む