コサメビタキ、セイタカシギ、アオアシシギなど

4月末の里山でコサメビタキ(Asian brown flycatcher)。大きな声で複雑に囀っていたが姿が見えない。
DSC_2378.jpg

と思ったら、目の前の山桜に止まっていたが、逆光がきつかった。
DSC_2381.jpg

オオルリ(Blue-and-White Flycatcher)も近くで囀っていたが、見上げるような空抜け。
DSC_2393.jpg

その後、山へ行くがヒガラ(Coal tit)程度。
DSC_2408.jpg

農耕地に戻って来て、情報を頂いていたセイタカシギ(Black-winged Stilt)、アオアシシギ(Greenshank)を今季初認。
DSC_2445.jpg

DSC_2447.jpg

DSC_2449.jpg

DSC_2465.jpg

途中、近くにいたコチドリ(Little ringed plover)も。
DSC_2528.jpg

DSC_2536.jpg

DSC_2573.jpg

その後、再びアオアシシギ。
DSC_2588.jpg

DSC_2615.jpg

DSC_2641.jpg

セイタカシギも再度。
DSC_2714.jpg

DSC_2719.jpg

DSC_2726.jpg

最後にチュウサギ(Intermediate egret)も一枚。
DSC_2756.jpg


セイタカシギ、アオアシシギは2~3日滞在してくれたが、その他の渡りのシギチは不調で、1日程度で通過した種が多かったよう。また、今季は新型コロナの影響で出かけるフィールドも限られた(?)ため、他の渡りの鳥達にも、あまり出会えていない。まあ、遠出しても出会えるとは限りませんが。

以上、写真は4月下旬のものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • fujio

    里山も田んぼも、随分と賑わっていたんですね。
    サクラの花にコサメビタキ、イイデスネ~~。
    2020年05月26日 14:41
  • とりあえず鳥でも

    fujio さん
    セイタカシギはほぼ毎年、アオアシシギは2,3年に一度くらいで出会えますが、ともに絵になるので嬉しいですね。コサメビタキには今季サービスして貰えません。
    2020年05月26日 20:52