コマドリ、マヒワ、メジロなど

以前に速報として報告したコマドリ(Japanese robin)だが、結局撮影できたのはこの時のみ。
DSC_1350_05.jpg

この後、枯れた倒木の上を移動して、笹薮に消えた。
DSC_1351_01.jpg

今季のコマドリは、この日以降4月末まで断続的に1~2羽が滞在していたようだが、囀りを聞くみと低調だった。
DSC_1353_01.jpg


マヒワ(Eurasian siskin)は今でも里山で声を聞くが、この日は久しぶりに低い枝に下りた1羽を観察。
DSC_1315_01.jpg

DSC_1330_01.jpg

新緑に絡んでくれると絵になるが、杉の木or実がお気に入りのよう。
DSC_1333_01.jpg


同じ頃、城址公園では満開の桜にメジロ(Japanese White-eye)。
DSC_1223.jpg

DSC_1220.jpg

やはり、花絡みは絵にる。
DSC_1239.jpg


4月に入っても良く見られたのはアオジ(Black-faced bunting)。これも、未だに声を聞く。
DSC_1177.jpg


キバシリ(Treecreeper)も登場。こちらも里山に滞在中のよう。
DSC_1366.jpg



河川敷で飛び出したジシギは、オオジシギかチュウジシギ(snipe Sp)?
DSC_1382.jpg

タシギではないよう。
DSC_1396.jpg


おまけは、キバシリを撮っていた時に登場したリス君を3枚。
DSC_1130.jpg

DSC_1169.jpg

DSC_1172.jpg



当ブログもようやく4月に入ったが、しばらくは冬鳥も登場する予定。5月も中旬に入った今では、里山にはほぼ夏鳥が揃い、サンコウチョウの囀りも聞けたが、上にも書いたように、アオジやマヒワの声も未だ聞こえている。今季は、ノゴマも声を聞いただけで4月末に渡去したようだし、コルリに至っては気配もなかった(気づいていないだけかも)。

以上、写真は4月初旬のものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • fujio

    尾羽をピョント上げたコマドリが羨ましいです。
    何時見たのが最後かと思って調べたら、2017年でしたよ。
    出不精になりましたね~。(汗)
    2020年05月12日 11:32
  • とりあえず鳥でも

    fujio さん
    今季撮影のコマドリは結局これだけでした。藪の中にいるのに気づいたので、ほんの一瞬のことでしたが、なんとか撮影出来た次第です(^O^)。
    2020年05月12日 23:31