ムギマキ、キビタキ、エゾビタキなど

前回に続いて、その後のムギマキ(Mugimaki Flycatcher)。♂若から。
DSC_9884.jpg

DSC_9888.jpg

DSC_9898.jpg

カラスザンショウの実に♀タイプ。
DSC_0047.jpg

この日は成鳥♂にも出会えたが空抜けで残念( ;∀;)。
DSC_0143.jpg

その後も、♂若や♂♀のツーショット、♀タイプなど。
DSC_0146.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0177.jpg

ムギマキの他にもキビタキ(Narcissus Flycatcher)♂♀。
DSC_9935.jpg

DSC_9941.jpg

DSC_9844.jpg

DSC_9849.jpg

エゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)もいた。
DSC_9996.jpg

DSC_0024.jpg

最後は合間に上空を飛んだノスリ(Eastern Buzzard)。
DSC_0092.jpg


以上、写真は10月下旬のものです。12月下旬を目前にようやく10月分の更新が完了!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

fujio
2019年12月31日 08:35
我が方でムギマキが見られないのは、移動のルートから外れちゃってるからでしょうね。
今シーズンは、エゾビタキすら見られませんでした。
とりあえず鳥でも
2019年12月31日 19:39
fujio さん
こんなに狭い国なのにムギマキやエゾビタキが通らないルートがあるなんて不思議ですね。関西北部の我がフィールドもムギマキは期待薄ですね。