ミヤコドリ、コクガンなど

数年ぶりに訪れた河口でミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)に出会う。
画像

久しぶりの赤、白、黒のコントラスト。
画像

飛翔シーンも。
画像

画像

近くにはウミアイサ(Red-breasted Merganser)♀と♂も。ちゃんと撮ったのは初かも。
画像

エキセントリックな後ろ髪。
画像

寛ぐユリカモメ(Black-headed Gull)やシックできれいなオカヨシガモ(Gadwall)と上空にはミサゴ(Osprey)。
画像

画像

画像

別の河口に移動して、干潟の先に、こちらも久しぶりのコクガン(Brent Goose)。
画像

水際まで近づいてオカヨシガモなどと寛ぐ姿など。
画像

画像

白い首輪がチャームポイント?
画像

ハマシギ(Dunlin)の群も出迎えてくれた。
画像

画像

画像

画像

おまけのタカブシギ(Wood Sandpiper)は、近くの池で。
画像


この日は、久しぶりの水鳥達に出会えたが、狙いを外したので泊まることにした(次回に続く)。


以上、2月中旬の撮影です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • マイ野鳥図鑑

    ミヤコドリは飛翔場面が一番いいですね。翼帯も出てきれいです。
    2019年04月01日 07:29
  • とりあえず鳥でも

    マイ野鳥図鑑さん
    そうですよね~、白黒のコントラストが、地上にいる時より飛んだ時の方が、より明るくメリハリがつく感じですね。
    2019年04月01日 20:41
  • fujio

    いや~っ、賑やかな河口ですね~。
    ミヤコドリの飛翔も良いですが、ハマシギの群翔が好きです。
    2019年04月05日 22:22
  • とりあえず鳥でも

    fujioさん
    ハマシギの群は、羽の淵の白い輪郭が目立つので、たくさんの手裏剣が飛んでいるような感じですね。
    2019年04月07日 19:51

この記事へのトラックバック