秋ですね。その4

10月13日は朝霧が深く、この地方では快晴になることが多いです。

朝10時頃でしょうか。霧が晴れてきて、快晴の日差しがさし始めると、あっという間に野鳥の声に包まれました。

1羽目、ピンボケですがカシラダカかオオジュリンの冬羽に似ています。

画像


次もピントが甘いですが、顔がメジロで羽がホオジロ、お腹はキセキレイのような初見の鳥でした。

画像


画像


図鑑で調べると、アイリングの特徴からはノジコのようです。

画像


次は、草むら越しに撮った鳥ですが、アオジ♀(?)でしょうか?これも初見です。

画像


このノジコと、アオジ(?)あたりが群れで飛んできて草むらの中に消えていくと、チッチッ、チッ、チッ・・・と声だけが聞こえてくるだけで、その後は最後まで姿を現してくれませんでした。


そして、最後はツツツーという聞き覚えのある声がして、ホオジロとともに現れた鳥です。

だだ、出てきた鳥は、今まで見た事のあるホオジロとは違い、冠羽があります。♀か幼鳥でしょうか?

画像


2羽目が登場です。兄弟のようですね。

画像


他の種類と思えないこともないのですが、ホオジロではない決定的特徴もなく、ホオジロと判断しています。

画像


そして、同じ枝にこれこそ正真正銘のホオジロです。

画像


別の木の上で正面から。

画像


以上、約1時間程の間に現れた鳥は、すべてホオジロ科でした(後で分かったことですが)。そしてノジコ、アオジといった初見の鳥を見ることができ、貴重な日となりました。

次回は、もっとじっくりと狙いたいものです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック